スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレー修業

「はぁー、仕事辞めてカレー屋になりたい!」

なーんて、夢のまた夢ですが、自宅でおいちいカレーを作りたいなぁというのは現実的な目標。

カレー修業初級の我が家はカレーパウダーミックスで勉強中なのですが、カルディさんで売っていたこのマドラスカレーパウダーがものすごく美味しくてお手頃で大満足!

(缶もかわゆい!)


これにホールトマト、ハーブをいくらか、そしてココナッツオイルを配合すれば、爽やかな辛さのカレー、出来上がり!

こりゃ当たりです!また買おう。

この美味しさと手軽さ、値ごろ感からくる満足、、、きっとカレー修行は初級のまま終わるな(^_^;)

スパイスを一から調合する日は来るのか、来ないのか、、、乞うご期待!

スポンサーサイト

約200円の至福 ジェラートマイスター

発売当初からね、
知っていたんですよ、存在は。
でもなんとなく認めていなかったわけで、、、

初めて食べました。
ジェラートマイスター(マダガスカルバニラ)

完敗、万歳、美味也。



何このおいしさ、滑らかさ!
ミルクの味わいとバニラの芳醇な香り、そしてスプーンで少し練ると滑らかな伸び具合が本格的です。

(内蓋部分にも、しっかり書いてます!)


これがスーパーやコンビニで200円そこそこで入手できるなんて!

あゝ、御見逸れしやした。
もうあなたの虜です。

というわけで、2日後にピスタチオも買ってみました。



ピスタチオのこっくりした味わい、これまた美味し!
食感もバニラよりややこっくりポッソリ感はあるけど、クリーミー!
こんな味を普段のおうちデザートに食べられるなんて、、、もっと早く食べておくべきでした。

今後スーパーやコンビニで高級アイスが食べたくなったら、間違いなくこのシリーズを手に取ります。それくらいヒット!
ごちそうさまでした( ´ ▽ ` )ノ

ソフトクリームのおはなし

GWあたりから、暑さとミニストップのセールの影響もあり、ものすごくソフトクリーム食べたい病でした。

ここ最近も梅雨とともに蒸し暑い日が多く、常に頭の片隅にソフトクリームが潜んでいる毎日だったのですが、そこでふと思ったことが。。。

「ヨーロッパでソフトクリーム食べたことないなぁ」

これまでヨーロッパを旅したときも、冬以外はほぼ毎日アイスを堪能した記憶があるのですが、所謂ソフトクリームって食べた記憶も、食べようか迷った記憶もありません。。。(そもそも魅力的なジェラートやアイスが多いって話は置いときます(^_^;))

なぜなぜ!?というわけで、ソフトクリームといえばの日世さんや日本アイスクリーム協会さんのサイトなどで勉強させていただだくと、、、
(以下、あくまで私の解釈ですので悪しからず!)

広義のアイス類(ざっくり言うと、凍ったデザート)の発祥は紀元前の中国やヨーロッパという説があり、皇帝などのとても位の高い人の贅沢品だったそうです。そもそも氷は天然物しかない時代ですし、きっと山奥まで取りに行ったり、貯蔵庫も電気を使わず行わなきゃダメだったはずなので、そりゃ一般市民には手が出ません。ちなみにこのころのアイスは、氷に甘いシロップをかけて食べた、現代日本でいうカキ氷スタイル。

中世ヨーロッパ時代には、少しずつ製法も進化してミルクやフルーツを凍られたりして楽しむデザートになり、それがイタリアでいうジェラート、現在のアイスのもとになったそうです。今日のヨーロッパのアイス文化は、おそらくこの伝統を守るスタイルで作り上げられているようです。

アメリカへこのアイスの製法が伝わったのは、17世紀以降のヨーロッパからアメリカへの移民とともに伝播したそうてす。ネイティヴアメリカンの食文化は手が回らなかったので調べていません、お許しを(^_^;)

アメリカに伝わったアイスは、その後のアメリカの産業発展と一緒に進化、19世紀中頃には家庭用のアイスクリーマーが開発されたり、1930年代には「出来立てのアイスクリームを提供するマシン」ということで、フリーザーとアイス製造機が一体型の機械が開発されます。これを「soft served icecream」と呼んだところで所謂ソフトクリームの存在が生まれたとか。
つまりソフトクリームはアメリカの大量生産産業や発明といった部分の近代遺産なので、古くからのアイスクリーム伝統文化の根付くヨーロッパにはあまり馴染みがないのだとか。といってもグローバル社会ですから私の思っているほど「ヨーロッパにはソフトクリームなんて存在しない!」ということはありません(笑)勉強になりました(^_^;)


そうそう、日本にソフトクリームが来たのは、ご想像のとおり戦後アメリカから伝わったわけで、それ以来日本の人々の心を鷲掴みにし、ハッピーにし続けているわけです(^ω^)

ちなみに私はアメリカには1度しか行ったことがない(しかも田舎だけ)なので実態はわかりませんが、今のアメリカではそんなにソフトクリームは食べられていないという噂も、、、もしかすると、ソフトクリームは日本でさらに進化して我々のハートを奪うような口どけ、味わい、喉越しを得たのかもしれませんね(^ω^)

こうやって少し調べてみると、身近な食べ物もなかなか長くて奥深い歴史があって面白いですね。もうちょっと高校生の頃世界史真面目に勉強しといたら良かったと後悔、、、

ああ、夜中にこんなこと書いてたらアイス食べたくなった!残念ながら我が家にはソフトクリームマシーンはありませんので、ガリガリ君の梨味(大好き!)でも食べてから寝ます!

「うふふ」な水ようかん

「う、ふ、ふ♪」といえば、もうすぐ北陸新幹線開業ですねー!
今のところ私は乗る予定がないということがとても残念ですが、新しい路線が開業するのは本当にワクワクします(#^.^#)

そして最近北陸新幹線のTVCMが多く放映されていて、あの歌が頭から離れません・・・
「う、ふ、ふ♪ ほ~くりく~~しんかんせん♪(とーやっまいしかわふっくい~)」

ずっと口ずさんでいたら、いつのまにか「北陸」というキーワードも頭から離れなくなっていたらしく、昨日今日(2/14,15日)限定でつつじヶ丘ライフに登場している北陸名産グルメコーナーに吸い込まれてしまい・・・

えがわの水羊かん @700円
fc2blog_201502142158112ef.jpg

福井の名物お菓子、えがわの水羊かんをゲットしてしまいました(#^.^#)
この、およそお菓子が入っているように見えない(!?)パッケージも愛らしい!
シールされていない箱を開けると、どどーんとパックに充てんされた水羊羹が姿を現します!
fc2blog_20150214215805e62.jpg

1つの大きなパックに水羊羹が入っているのですが、容器に製氷機のような凹凸があって、12区画に仕切られています。どうやら添付の木のヘラで、その溝にそって切り分けるとうまく分けられるようなので、包丁は不要のよう。
fc2blog_2015021421580078e.jpg

寒天で固められた昔ながらの羊羹は、お砂糖と小豆の甘み、寒天の風味が素直に伝わってくるおいしさが絶品!あずきが強すぎないのでつるんとした食感も、食べやすさと上品さがあって本当においしいです。まさに「うふふ♪」な食べ心地。

様々な原材料や科学技術を使って工夫を凝らした食感を実現する食べ物ももちろんおいしさはあるのですが、こういうシンプルなおいしさに出会うと「はっ」とするものがあります。・・・時代かな(笑)

ちなみにこのえがわの水羊かん、冬季限定の製造販売だそうです。水羊羹って夏のものでは?と思っていたのですが、福井では丁稚羊羹のように冬に食べるお菓子として長年愛されてきたようです。えがわさんの説明によると、大正・昭和の頃丁稚さんがお正月の里帰りの際に食べた和菓子だそうです。福井は京都からも近く、その食文化などの流れをくむものが多い印象だったのですが、やはり気候や生活の特色は異なるので、独特な習慣、文化が根付いているのですねー!

北陸の気候や文化、まだまだ知らないことがいっぱい!北陸新幹線開業をきっかけに、東京でももっと北陸を身近に感じていろんな特色に触れられるようになることを楽しみにしています(^◇^)
う、ふ、ふ(#^.^#)

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

鈴かすてら

鈴かすてらが大好きなんです。
あのスーパーの100円お菓子コーナーにあるやつ。

しかし実はつつじヶ丘のライフも、東野川のいなげやも鈴かすてらを置いていなくて、毎朝めざましテレビの「紙兎ロペ」を見るたびに、鈴かすてら欠乏症が進行していったのです。

きっと2ヶ月くらい、ずっと心の中で鈴かすてらを求めていました。

ある日、これはもうだめだ!!!と思って視界に入ったセブンイレブンに駆け込みお菓子コーナーを見てみると。。。


…あった!
fc2blog_20150131210537bff.jpg


なんで今までコンビニで探さなかったんだろう!たくさん置いてありました(^◇^;)

さて、たまたま立ち寄ったセブンイレブンでゲットした、この鈴かすてらですが、実はかなり美味しかったのです。

普通の(当初私が求めていた)鈴かすてらは、鈴型のかすてらにザラメの砂糖がまぶされているお菓子。

でもこのセブンイレブンのものは、ザラメではなくシュガーグレーズのようなコーティングが施されているので、外側がほんの少しカリッとサクッとしているのです。

これが病みつきで、既に何度もリピートしています( ´ ▽ ` )この鈴かすてらとミルクたっぷりのコーヒーがあれば幸せおやつの出来上がり!安あがり!(笑)

ちなみにオーソドックスな鈴かすてらは仙川のほうのいなげやさんで入手できましたー!こっちも懐かしい味でおいしいですよ(^ω^)
ちなみにどちらも同じ、ローヤル製菓さん製造です!鈴かすてらといえば!ですね( ´ ▽ ` )ノ

。。。でもなんでカステラを鈴型にしたんだろう。。。という研究テーマは、また今度の酒のアテにとっておきます(^_^;)


プロフィール

mickey tan

Author:mickey tan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ネコ温度計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。