スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子連れ呑み会@Villa's kitchen Kuu仙川

とある週末、大阪から王子こと甥っ子がやってきたのです。
なかなか融けない雪を雪かきしてもらったり(ほとんど遊んでたけど)
一緒にゲームして大騒ぎしたり、なんせ楽しかったなぁ!

しかし子供のいない酒飲み夫婦はうれしいながらも困っちゃうことが。。。

それは、外食するお店選び。
普段は自分たちの気分だけで行きたいお店に猪突猛進なんだけど、こういうときは
子供が喜ぶ料理や食べられる料理が多いこと、居心地悪くならない適度な賑やかさとか、ね。
こっちはこっちで待望の来訪なんだから、会話とお酒を楽しみたいし。

そんなわけで、あれこれ食べられてカジュアルな食事&ワインが楽しめる
Villa's kitchen KUU 空 @仙川駅すぐでディナーしました。

こちらは若い子がわいがや楽しめる雰囲気でメニューも若者向けな印象だけど
ワインがお手頃に飲めるので、我が家的にはぐだぐだ呑みたいときにありがたい存在。

この日、王子は野菜スティックとミートグラタン食べてご満悦。
大人はおつまみとワインをいただいて喋り倒す。
楽しさでお酒がまわったのか、3人で2本なのに、かなりふわふわでした。

サントリーの甲州がおいちかった記憶だけはあります。このブレ具合・・・

kuu

Villa's kitchen KUU 空




今のところ、子連れ(小学生)で楽しめた実績のあるご近所お店は
・ウラニワ@つつじヶ丘
・エビス@仙川orつつじヶ丘
・Villa’s kitchen KUU@仙川

夏休みにまた来るらしいので、次のお店も考えとかなきゃねぇ~楽しみ!!

スポンサーサイト

メープルクリームクッキー研究

わたくしメープルクッキーが病的に大好きなもんで。
「やぎちゃんの実家」ことカルディさんや、成城石井さま、カーニバルちゃんなど
メープルクッキーが売ってそうなお店では常にふわふわお買い上げしてしまうのです。

というわけで、今後食したメープルクッキーについては
しっかり記録を残してみようと思います。今のところの決意です。

----------------------------------------
通し番号1.
「-Taste Delight- Maple Leaf Cream Cookies」

メープルクッキー1

購入場所:①成城石井(@348円/P) ②カーニバル三鷹コラル店(@328円/P)
     ※どちらもセール価格

内容量:400g(≒18枚)

輸入者:キタノ商事さん(あぁ!大阪万歳☆)

1枚(約22g)当たり栄養成分:
 カロリー  100kcal
 脂質    4g
 ナトリウム 40㎎
 炭水化物  15g
 タンパク質 1g
 (表記順はパッケージのままなので、日本語にすると変よね~)

----------------------------------------

このクッキーの特徴は、クリームがやわらか~くて白いこと。
アジアのクリームサンドクッキーを彷彿とさせる食感に初めは
「あれ!?いつものと違うやん!!」なんてドキッとしますが、
しっかりメープルの風味があるので、これはこれでおいしいなと思える味です。
むしろ、1箱食べるうちに「これがスタンダード」と思えちゃうくらい。

ちなみにこの商品は、外箱に直接日本語の表示が印刷されていたり、
prepared for Kitano shojiと英語でも書いてあるわけで
キタノ商事さんの留型商品(箱替えかな?)なんだろな。
それだけ大量に日本に輸入してるってこと、確かに国内はいろんなお店で見かけますからね。

味、価格は問題ないとして、わたくしとしては課題が一つ。
クッキーは1回のおやつに2枚食べたいのですが、2枚食べるとカロリーがぁ((+_+))
そうなんですよね、1枚あたりが大きいこともあり、2枚食べると
お茶碗大盛り1杯くらい。。。こりゃ大変だわ。

1枚でストップできる自制心を身につけたいところですなぁ(笑)

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

ハマってしまった☆糀屋

もう・・・

美味しさにめろめろ!釘づけです。

12月糀屋2

11月に初めて伺った糀屋さん@柴崎、おいちぃ楽しぃで、
とっても大好きになりましたのん。

今回(といっても行ったのは昨年12月)は、シェフおすすめの
渡り蟹のリングイネをいただいてみましたが、もぅたまりまへん(^◇^)
本能直撃な、「うまぁ!!」のお味。

食べて飲んで、元気になれるご近所(よりちょっと遠い?)イタリアン。
2013年もまたおいしいお料理たちが楽しみです☆☆

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

仙川ライフが閉店するそうな。

今日の広告を見て、「あ」となったのですが、
仙川の「ライフ」が閉店するそうですねぇ。

わりと新しい(古くはない)お店と思ってたのですが、
やはりすぐ近くに後からできた「いなげや仙川店」の影響もあるのかな?
(※ワタクシが引っ越してきた時点ですでに両店ともありました)

我が家も1年ほど前に調布に引っ越してきて以来
仙川いなげや・ライフ両店は週末に車で買い物に行くのですが、

・いなげやは駐車場が広い(時々満車になるけど)
・いなげやはドラッグストアやコメダも併設
・いなげや仙川店はいなげやの中でも商品取り扱い数が多く
 新たな取り組みなどのモデル店になっているらしい、力の入れよう
・いなげや仙川店は日曜日によく「明治おいしい牛乳」が158円という破格で売っている

ということで、我が家的にはいなげやに軍配。
ライフは時々行く程度になっちゃっていました。(つつじヶ丘店もあるし・・・)

なので、なんとなくこんな日も来るような気がしていたのですが、
やはり庶民の味方のお店が閉店するのは何ともさみしいです。

やはり仙川のスーパー戦争は熾烈、厳しいものですね。
店舗数の多さは、ショッパー的には選ぶ楽しさや価格競争力がとても魅力ですが、
売るほうの気持ちにはなりたくないくらい、オソロチィ。


ちなみに、ライフ仙川店の跡地には4月にウェルパークができるらしいです。

・・・?

いなげや横のウェルパークは??

うん、これからの仙川お買いもの構図もまた楽しみにしたいと思います。

かわいい鳥取土産「砂の丘」

鳥取土産の新定番だとか?
鳥取出身の友人からお土産にいただいた、コレ。

「砂の丘」

DSC_0188.jpg

さくっとほわーんと、なんとも美味しいブールドネージュ的お菓子。
鳥取市の和菓子屋さんが販売している「和風クッキー」ということで、
洋菓子のずしっと感はなく、飲んだ後のお茶請けにしたくなるような軽い食べ心地。

表面の粉糖は鳥取砂丘をイメージしたものだそうで、
和三盆などを使った、独特の甘みがこれまたしあわせ~なおいしさ。
ブールドネージュ大好き人間ですが、普通のよりこっちのほうが好きかも!?

そしてこのパッケージには砂丘や境港、カニ、梨、ラクダといった
鳥取っぽいものが描かれていて、なんともゆるかわゆいのです。

手土産にしたいお菓子。
ネット通販はやってるみたいですが、東京のどこか実店舗での購入はできないのかな?
ん~~!また食べたいよぅ。

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

和菓子中毒、成城あんや「あんわらび」をば。

小説「和菓子のアン」を読み和菓子熱が突沸してしまったワタクシ。
成城へのおでかけついでに、案の定立ち寄ってしまいました。

「成城あんや」 
あんわらび 250円/1個

あんわらび


小ぶりなわらびもちですが、餅に餡子を練りこんでいて、
しっかりした食感とやさしい餡の風味がとても気持ちいいお菓子。

なんというか、わらび餅に10%くらい練羊羹を融合させたような・・・
ん・・・全然うまく表現できないので、「とてもおいしくて気に入った」で。

あんやさんの通常わらび餅(包餡タイプのわらび餅)を食べたことないので
そちらと食べ比べもしてみたいけど、うん。これとてもおいしいです。

日持ちも3日するので、来客前日に買っておいてお出しできるのもいいね。
見た目は質素っぽいけど価格分だけの上品さと贅沢味は実感できるところもすばらすぃい。

ほかにも見た目かわいく、食べてみたい和菓子が数多くある「成城あんや」、
和菓子の価値を再認識した今、足しげく通ってしまいそうで危険です(^^ゞ

あんや




関連ランキング:甘味処 | 成城学園前駅


テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

和菓子が食べたくなる小説

本屋の店頭で見て気になっていたこの本、図書館で借りて読んでみました。

DSC_0247.jpg

デパ地下の和菓子屋さんでアルバイトをする女子の物語。

学生の頃、某トラ柄百貨店の地下食でバイトをしていた私にとっては
とても懐かしいような、情景がリアルに思い浮かばれるお話で、さくさく読んじゃった。

話の内容はというと、詳細はさておき面白かった。
ちなみに読み終わった後心に残った哲学は、「和菓子食べたい」。
(・・・哲学ではない)

この小説の影響により、和菓子の存在価値がものすごい急浮上しちゃったため、
読み終わりと同時に本当に和菓子を買いに行ってしまいましたとさ。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

久々スクニッツォ@飯田橋

12月、旦那ちゃんお誕生日祝いのディナーは、
我が家が愛してやまない飯田橋の名店、スクニッツォ!へ。

あぁ、もう全部おいしかった。。。ほんと夢のようなお皿たちでした。

スクニッツォ


左から、
前菜は戻りガツオのクルード。
温かい前菜は白子とホタテのソテーダブルヘッダー(近ちゃんスペシャル)
パスタはまさかの画像保存できておらず・・・アルバの白トリュフさま、いなばの白兎さま・・・
セコンドは岩手山形村の短角牛。らぶ。この牛さんが、日本でいただける一番イタリアンでおいしくなる子だと信じてやみません。
ドルチェは白トリュフのジェラートとルレクチェのマチェドニア仕立て(近ちゃんスペシャル)

白トリュフとルレクチェの融合は、まさに絶妙秀逸、芳香の極み。

あぁ、やっぱりスクニッツォはスクニッツォで、いつ行っても大好きです。
そして今回は旦那ちゃんお誕生日スペシャルで、シェフ近谷氏にたくさん
サプライズなお皿、演出をいただきました。ほんとありがとう。

そして、たまたまご一緒した常連のパパさん、熱いお話させていただいて
興味深かったし楽しかったぁー!また今度ご夫婦揃ってお会いできたらうれしいです☆

調布に引っ越して、頻繁に通うにはちょっと遠くなっちゃったけど、
これからも夫婦の、そして家族の幸せ記念日にはお世話になりたいお店やなぁと
改めて強く実感した、そんな素敵なディナーでした(#^.^#)


スクニッツォ!




関連ランキング:イタリアン | 飯田橋駅九段下駅水道橋駅


テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

ドーナツ工房レポロ@仙川

ある日の昼下がり、ぼんやりと、でもしかし強烈に、
「どうしても甘くておいちいおやつが食べたいなぁ」
と思いながら仙川を散歩していました。

色々なお店を通りすがるも、なぜかこの日はピンと来ず、
諦めて帰路につこうとしたそのとき、ふと目の前にかわいいお店が。

それは仙川の商店街の一本西にある路地にある、ドーナツ屋さん。

「ドーナツ工房 レポロ」

あぁ、ここがレポロかぁ、と思った時にはすでにドアに手をかけていました。
わたしったら、そんなに食べたかったのね(笑)

小さなお店ですが、何を食べようか迷えるだけのドーナツの品数があります。
ワタクシはチョコレートが食べられないため、お店の人にチョコ不使用のものを伺い
その中から1つを購入。

イートインもできるようですが、今日はお持ち帰り。
おうちでカフェオレと一緒にいただきました。

DSC_0220.jpg

ドーナツにさつまいもペーストの入ったスイートポテト的ドーナツ。
あの・・・商品名は忘れてしまいまして(^^ゞ

生地が、軽さともっちりさを自然に融合させた食感。
優しく、でも素材の存在感のある食べ心地に、ついつい「うふふぅ」とドラえもん風のニヤけ顔。
甘みはドーナツらしいしっかりスイート、でもたるくなく幸せなバランス。

なんつうか、とにかく無条件においしいわけです。
これはもう、定番おやつにさせていただきます!

お手頃価格なので、イベントがなくても何気なく買って帰れるのもいいよね。
ドーナツ屋さん、おやつ屋さん。ありがとう。

ドーナツ工房 レポロ




関連ランキング:ドーナツ | 仙川駅つつじケ丘駅




テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

カルディやぎべぇのコーヒーメジャー

カルディさんから我が家に数年前に嫁いだやぎべぇのエコバッグ「やぎちゃん」。
クリスマスに仙川のいなげやに行ったら、帽子をもらいました。喜んでいます。
(ほんとはこの帽子はワインボトルのアクセサリ。)

もう一つのクリスマスプレゼントは、やぎちゃんが手に持っている、これ。
やぎべぇイラストプリントの入った、コーヒーメジャースプーンです。

DSC_0218.jpg

ちょうどワタクシ珈琲豆を計るスプーンを持っておらず、いつも目分量だったのですが
カルディさんでお会計待ちの列に並んでいると、目に飛び込んだはやぎべぇスプーン!!!

まさか、必要に駆られていたモノに、愛するやぎべぇさんが描かれているとは!

・・・即決。お買い上げ。

ラブリィなスプーンで朝珈琲淹れられて、この翌日から毎朝気分アガッテマス。


ウィスタリア@つつじヶ丘のクリスマスケーキ

12月のお話。
2012年のクリスマスケーキは、つつじヶ丘の名店(我が家的独断)ウイスタリアさん。
二人家族なので、最も小さい2500円(税別)のものをオーダーしました。

DSC_0216.jpg

ウイスタリアのショートケーキは、スポンジの口どけやクリームの風味、滑らかさといった
パーツごとの美味しさはもちろん、スポンジとクリームのバランス(クリームが多すぎない)も
秀逸で、風味豊かながら胃にもたれるようなしつこさゼロ。ほんとに私にとって理想形なんです。

クリスマスバージョンのショートケーキももちろん美味しかった(#^.^#)
鶏の丸焼きのあとでも、ぺろっと食べちゃうし、軽く取り合い気味に!
そう、甘いものあんまり~な旦那ちゃんも大好きなんです、このショートケーキ。


ところで、ウイスタリアさんのウィスタリアさん的「大きいイ」には、
キヤノンとかキユーピーとか的な、名称大文字の法則が当てはまるんかねぇ。
いつも気になるのですが、発音は「ウィスタリアさん」にしています。間違ってないといいな。

ウイスタリアさん、今年もまた美味しいケーキをよろしくお願いします(#^.^#)

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

キャンドルナイト@京王フローラルガーデンアンジェ

これは12月のお話・・・
12月22日~25日、京王多摩川駅前の「京王フローラルガーデン アンジェ」にて
キャンドルナイトと夕方からの特別開園があったので、寒い中ですが行ってみました☆

手作りのキャンドルライトが園内にちりばめられ、クリスマスの飾りもいっぱいで
ナチュラルな温かい雰囲気があって素敵・・・☆

大小並んだトナカイさんたち。

DSC_0213.jpg

キャンドルライトのときは植物にはライトが当たっていないので、
鳥目がちなワタクシには、ちと厳しい・・・なわけで、あくまでキャンドルを楽しみました。

でも初めて伺ったのですが、公園の広さや雰囲気は想像をはるかに超えるものだったので
今度は暖かくなったら日中にも行ってみたいなぁ☆

しかも、隣のBBQvillageでバーベキューもしちゃいたい・・・(#^.^#)

サルメリア69と「こころぜ」でお家パーティー

もう年も明けまして早くも1週間ですが、これは12月某平日のお話。
旦那ちゃんお誕生日でしたが、なんせ平日。私は暇なのですが旦那ちゃんは仕事なので
お誕生日当日ディナーは避け、お家ディナーに。

とはいえせっかくのお誕生日ということで、食べてみたかった「やや近所」
サルメリア69さんのハムたちで、我が家の食卓を華やかにしてもらいました。

DSC_0197.jpg

左奥から、
サラメ・フィノッキオーナ
プロシュット・ディ・パルマ16か月
クラテッロ・コン・コテンナ(クラッチャ)

初めてだったので、2,000円という低予算にあわせてお任せでお願いしちゃいました。
定番のパルマももちろん、お店No.1というクラッチャもおいちい(#^.^#)

そして、予算調整で入れていただいたサラミが大好きな味~!!
フェンネルの風味と熟成されたお肉の芳香が、
イタリアの田舎かクロアチアのお肉屋さんの香り!あぁ郷愁。

この日の食事ワインにしたココファームの「こころぜ」にぴったりでした。

サルメリア69さんは、すぐ食べるならお皿を持ち込んで
極薄スライスもしていただけるそうです。
目安は30~60分以内に食べること。我が家からお店までは
徒歩15分くらい・・・うんうん、可能ですな。
暖かくなったらハム散歩してみよーっと!

DSC_0208.jpg

ちなみに「こころぜ@1600円」、こちらも仙川のCarta di Viniさんで試飲して惚れ込んだロゼワイン。
(写真は飲んだ後の空っぽの瓶です。。。)
いちごっぽい甘みもありながら「甘~いワイン」ではなく複雑味があって、、、うまぁ。
普段の気取らないおうちごはんにも合わせやすくて、チョットいい日にぴったり☆

これに牛肉の煮込みや根菜のオーブン焼きなどなどを食べた後、
プレリアル成城のお誕生日ケーキ(@2,500円)でディナー終了。

ご近所食(色)満載のバースデーディナーでした♪♪
プロフィール

mickey tan

Author:mickey tan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ネコ温度計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。