スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウラニワ@つつじヶ丘で寄り道飲み

京王線つつじヶ丘駅というのは・・・

北側はチェーン店から個人店まで、居酒屋さん的なところがたくさんあります。
スーパーもライフとオオゼキがあり、にぎわった印象があります。

さて南側というと、駅から見えるのは、急行停車駅らしからぬ緑と、低層住宅たち。
お店はこじんまりしたお店がぱらぱらあり、ケーキ屋さん2軒、パン屋さん1軒。
居酒屋さんは2軒だけと、いかにものどかな光景。

そんなのどかな住宅街の中にほんわり存在している居酒屋というのが、
駅出てすぐの「エビス」と、もう少し進んだローソンの先にある「ウラニワ」。

どちらも京王線沿線にいくつか店舗のある人気店のようで、
気軽に立ち寄れる雰囲気と、温かい人柄が居心地良いお店なんです。

そんなわけで、南口は居酒屋さんの数は北口とくらべて極端に少ないですが、
どちらも素敵なお店で、ふらっと立ち寄りやすく、しかも2択だから
どこで寄り道しようか悩みすぎなくていいのが、南口エリアのいいところ(笑)

というわけで、旦那ちゃんの仕事が早く終わったある日、
2店のうち大分料理がいただける「ウラニワ」集合で平日飲み!

DSC_0364.jpg

どうも飲むとろくに写真が撮れないようです、わたくし。

ウラニワでの我が家的テッパンメニューは、
①りゅうきゅう
②鶏天
③山芋ステーキ
④吉野のとりめし

です。
ほぼ毎回こんな感じ。

メニューはお料理、お酒、どれをとってもお手頃価格で、
料理はふたりでシェアして楽しめるボリューム。

なんで九州の味ってときどき無性に食べたくなるんやろう!?

特に我が家ではりゅうきゅうととりめしの中毒性が高く、
りゅうきゅうのあま~い味と、とりめしのニンニクのきいた食欲をそそる味が
どうしても食べたくなっちゃって、ウラニワに行っちゃうんですね~。

ウラニワのお店前には縁側もあるので、暖かくなったら
「縁側ビール」を楽しんでみたいものです(#^.^#)

そうそう、さらにお手頃に心置きなくたくさん飲むためには
早い時間にクーポン持っていくことね(笑)

ウラニワ




関連ランキング:郷土料理 | つつじケ丘駅柴崎駅仙川駅


スポンサーサイト

今更ゴントランシェリエさん

調布で隠居生活を送るとですね。
山手線の内側に入るのが億劫になります。

さらには渋谷の駅前なんてもう、目が回る息ができない嗚呼大変。

・・・というのはアレですけど、この人ごみな立地から言って
立ち止まる気になりにくく、またお高く留まってどんだけのもん?と捻くれてまして、
今の今までずっとスルーしてました。

ゴントランシェリエ東京

1階がテイクアウト&セルフスタイルのカフェ、2階はランチなどもいただけるカフェですが
平日昼間なのに1階のお店は人、人、人・・・。
負けそうになる気持ちを都会的で美しいパンに集中させて、なんとかゲットできました。           

ダークチェリーデニッシュ 180円也
このクロワッサン生地のエッジはやっぱり体感したかったのです。         
DSC_0365.jpg

両サイドのデニッシュはばりっと!チェリーとカスタードの下は、もっちり。
もうちょっと歯切れがいいのがお好みですが、チェリーの大人風味が
デザート的な扱いにすれば結構好きだなぁと、好印象。

↓こちらはもう我が家の食卓仕様になってしまった後の姿ですが、
(右手前)リュスティック トマトとバジル 180円也
(右奥) ヴィエノワ ア・ラ・クレーム 180円也
DSC_0372.jpg

このヴィエノワの歯切れ感、とっても素敵。
バニラの入ったミルククリームは子供も好きな味だけど、
後味さっぱりしていてパンとの相性も抜群。
リュスティックももちもちと適度な硬さが、おいちい。
トマトとバジルは、休日の昼ワインに合わせたい☆

・・・というか。
こういう雰囲気の都心のお店にしては、全体的にけっこうお手頃。
今回いただいた3品おいしいかったし、この値段を考えると
けっこう使い勝手いいのではなかろうか・・・。

1階パン売場のレジは店員さんも多かったので、そんなに待たずお買い物できたし。

あの・・・先ほどはお高くとまってる、とか言ってごめんなさい。
おいしいです。頼りになります。お財布にやさしめです。ありがとうございます。

といっても渋谷にはあまり寄り付かないのですが、
機会があったら今度はバゲット買って帰りたいなぁと妄想中。

ごちそうさまでちた。
ゴントラン シェリエ 東京




関連ランキング:パン | 渋谷駅神泉駅表参道駅


テーマ : パン
ジャンル : グルメ

プレリアル成城のプリン

先週の金・土曜は成城学園前南口にあるプレリアル成城の10周年記念セールということで、
成城でのバスの乗り換えついでに立ち寄り、「1週間お疲れさまおやつ」を購入。

プレリアル成城
プリン@300円(通常価格)

DSC_0369.jpg

こちらのプリンは、ビターなカラメルの上にカスタードクリームかと見紛う
超なめらかなプリンさん、そしてさらにまったりきめ細やかな生クリームが乗り、
最上階は粉糖でお化粧という、薄化粧なのに美人で味わい深いプリンなんです。

元来かたかたプリンのが大好きで「パ〇テルなんて邪道じゃ!」(ごめんなさい)と
頑なにとろけるプリンを否定していたわたくしですが、このプレリアル成城の
きめ細かくやわ~いとろとろ感、繊細なのにちょっとゴージャスな味わいは、
これはびっくり大好きな食べ心地。
「なんや、とろとろプリンも意外とやるヤン」と、こっぱずかしい気分は何だろう。
兎に角、生まれて初めてとろとろプリンの魅力を実感。。。

プレリアル成城さんはきれいなケーキ類がお手頃で300円台前半からあるのですが、
それでもわたしは敢えてシンプルな300円のプリンを手に取りたい!
そう強く思うくらい、このシンプルな見た目に詰まった味わいは奥深いことを知った
プレリアル成城さん10周年の日で御座いました。

プレリアル成城さん、改めて10周年おめでとうございます。
そして頑固なわたしに新しい世界を教えてくれてありがとうございます。

ごちそうさまでちた。

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

糀屋さんでバレンタインディナー

ちょっと前の週末、風が強くて寒ーい夜だったのですが、
バレンタインデー近辺ということで、旦那ちゃんを誘ってディナーへ。

・・・といっても、調布に住まうことつまり都会に出ること億劫この上なし。
・・・さらには歩いて行けるおいしいお店があれば、もはや都会に出る理由なし。

というわけで、最近コンスタントにお邪魔しているこちらのイタリアンへ。

糀屋@柴崎駅前(調布)

豚肩ロースのグリル
0216糀屋1

数か月前も似た画像を載せましたが、もちろん同じメニューです。

前菜、プリモ、セコンド、そしてボトルワインまでメニューが豊富なのが
お店の魅力のひとつなのですが、我々はどうしてもこの豚さんが病みつきで
「糀屋さん!?豚食べるやんな!」という定番化。だって・・・おいしいんだもの。

今回はほかに、前菜盛り合わせ(もりもり!)、えびと菜の花のスパゲッティーニを堪能。
ワインはヴェスパイオーロで、春の予感のような蜜の味を楽しんで、これまた「うふふ」です。

これに食前のビール、食後の甘いものと飲み物、コペルト入れまして、二人で約11,000円!
んはぁ!これはデフレの象徴かシェフの心意気か!!うむうむ、主に後者だと思います。
ついでに言うなら、勝手な想像ですが、食材のやりくりがうまいんだと思います。
いずれにしろ、なんともありがたいことです。

でも、バレンタインディナーをお手頃に済ませてしまったという罪悪感は・・・
美味しさと楽しさでかき消すのです!心を無にして食卓を楽しむのだ!
(え?言い訳臭い?でも糀屋行きたかったんだモン!)

そうそう、「かたかたプリン」愛好家のワタクシにはたまらないプリンもいただきました。
もう、理想形です。このかたさ、この四角さ。
(写真のプリンに、ひとすくいした跡がありますがご容赦を・・・待てなかったの。)

0216糀屋3

これとエスプレッソ・・・おいしいに決まってます。
はぁ~、満足満足!
旦那ちゃんはグラッパをオレンジジュースでさっぱりいただき、こちらもご満悦。

なぜだろう。
シェフがイタリア人というわけでもなく、
食材はすべてイタリアから空輸とかってわけでもないのに(←そんな店ないか!)
糀屋さんにはなんだかとっても「おいしいイタリア」が詰まってる気がして
大好きなんです。

というわけで、今回も素敵なイタリア時間をごちそうさまでちた。
次は菜の花のリゾットがあるうちにまた行きたいなぁ(#^.^#)

テーマ : イタリアン
ジャンル : グルメ

漫でりん珈琲

大阪っぽいよねぇ~、な珈琲。

先日大阪からの刺客がやってきた際、そのちょっと前に阪急うめだ店の催事で
販売されていたというわけで、「おいしそうやなぁ」と感想のような催促をいたしまして、
東京の我が家に到着したのが こちら。

オール阪神さんプロデュース
漫でりん珈琲


まんでりん

これがね。
また吉本のネタ的お土産商品やろうと思いきやの、
けっこうちゃんとおいしい珈琲だったのです。

(こんなことならもう一袋・・・)

味はというと、酸味はかなり控えめ、苦みも穏やかでまろやか、
でもぺらぺらの味ではなく、香りも気持ちいい☆
ブラックで美味しくいただきまーす(#^.^#)

どうやらこのオール阪神さんの珈琲、大阪は堺市のコーヒー屋さんが
OEMで作られているそうで、PBコーヒー豆を多く手がけられているそうですね。
わたくしもいつかお金が有り余ったら、「いちご大福に合う珈琲」でもお願いしようかねぇ。

・・・どうせ有り余らないお金状況なのに、「〇〇に合う珈琲」の「〇〇」部分を
30分近く考えてしまった・・・時間の無駄遣いという贅沢な遊び!セレブゥ!

あ、そうそう。
オール阪神さんの漫でりん珈琲はオンラインショップで購入できるようですよ。

ごちそうさまでちた。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

大人のトリュフ@ウイスタリア洋菓子店

昨日はバレンタインデーでしたねぇ。
子供のころからチョコレートが嫌いなわたくしにとっては、
「年に一度のチョコレートを買いにいかなきゃいけない苦行」として記憶しています。

でも今年は苦行になる前に素敵な答えを見つけていました。
なんせ、お目当てのチョコを早くから予約しておりましたもの。

だって、旦那ちゃんが大好きなラフロイグの入ったトリュフなんだもの!
しかも近所の、旦那ちゃんが大好きなケーキ屋さんのものなんだもの!
手に入れないわけにはいきません。

というわけで、つつじヶ丘の大好きな洋菓子屋さん、
ウイスタリア洋菓子店「大人のトリュフ」

大人のトリュフ

一粒399円と、住宅街のケーキ屋さんで買うにしてはちょっと
価格も大人なトリュフですが、これを一口齧った旦那ちゃんの顔が
とたんにぱーっと驚きとにんまりの表情に変わった様子を見るに
こりゃ十分リーズナブルだなと、贈ったヨメも満足しちゃった!

ラフロイグの香りがしっかりして、でもまとまっていて、芳醇で、
一言でいうと「すごい」らしい。

というわけで、旦那ちゃんは一粒ずつ大事に大事に食べることにしたそうで
コニャックとラムにはまだ手を付けておりません。
香りが飛んじゃう前に食べてね!

そうそう、3種類作られていたこのトリュフ、
ラフロイグの黒トリュフはバレンタイン当日を待たずに
売り切れてしまったほどの人気だったそうです。予約した甲斐があった!

ふむふむ、たぶん来年からも迷わずウイスタリアさんで
バレンタインの準備はばっちりのようですな!

(ちなみにプラリネ等は200円台でお手頃だったよー
義理チョコの調達もばっちりできそうでした)

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

かつ吉の柳川風かつ丼

柳川風かつ丼。

その言葉から想像するのは、出汁でさっと煮た豚カツを
卵でとじた「カツ煮」+ごはんだったのですが。

新たなことを学びました。
さっと煮た豚カツに乗っかるキングは、とろろ芋さま。
そして豚カツの下で支えるベースは、うどんさん。
(もちろんごはんは別でお茶碗にスタンバイ)

かつ吉

かつ吉
柳川風かつ丼(ロース)1500円也。


ごはん、サラダ、つけものはおかわり自由。赤だしもつきます。

カツが出来上がるまでに、つけものをおつまみにビールをいただく幸せ!
くふ~ん、つけもの3種類あって、けっこう楽しめちゃいます。いいねいいね。

カツは、厚みがあってやわらかジューシーなカツ、そのままでもおいちぃ!
しっかり甘めのお出汁とさっぱりとしたとろろが絶妙!
うむうむ、さっぱりぱくぱく食べられます。
通常なら3割くらいは旦那ちゃんに譲るのに、この日はほぼ一人で完食。

旦那ちゃんのいただいたロースカツも、とってもおいしかったそうで(#^.^#)
肉食男子はおなかいっぱい胸いっぱいな幸せ笑顔で「ここでひと眠りしたい」と満腹の様子。
いがったいがった。

お店は渋谷駅南口から少し歩いた明治通り沿い、渋谷の賑わいとは逆方向なので
駅近くだけど「渋谷らしさ」が薄れていて、田舎者夫婦でもアクセス良好☆
古民家風の店内で落ち着きもあるし、さらにフロアのほとんどがボックス席か座敷で
周りを気にせずゆったり食事に会話にお酒にを楽しめちゃう。
こりゃこりゃ「渋谷的」じゃない雰囲気は、何十年も通えるような居心地の良さですね。

渋谷ごはん難民がちな我が家にとっては、とってもありがたいお店に出会えました。

ごちそうさまでちた。

んん、このお店、新丸ビルにもあったのね!
人気のお店なのでしょうね(#^.^#)

かつ吉 渋谷店




ブルーベリー?シェイク

ブルーベリー、入ってますか?

ほんのちょっと入ってるんです。紫色。

マックシェイクブルーベリー

マクドナルドで期間限定発売されている「マックシェイク ブルーベリー」。
マクドのスイーツカテゴリの限定マーケティングには比較的弱いわけで、
今回もクーポン使ってS110円でいただきました。

バニラシェイク味の斜め後ろくらいにブルーベリーの香りがいらっしゃいました。
わたくしバニラシェイクは夏に時々いただく好物ですから、まぁそれはそれでいいかと。

公式websiteによると、ブルーベリー果汁入っているそうです。

でもなんでしょうね、この「期間限定のアレ、食べてやったぜ!」的満足感。

ちなみに向かいの席でテキサスバーガーを食べていた旦那ちゃん、「おいちぃなぁ」と言いながらも
ポスターに堂々と写るテキサスさんと自分の片手に収まっているテキサスちゃんを
まじまじと、でも申し訳なさそうに控えめに、見比べておりました。

シズル撮影ってそうなのよねぇと擁護したくなる食品業界脳と、旦那ちゃんの
何とも言えない哀愁を気の毒に思う気持ちのサンドイッチも、ついでに堪能させていただきました。

ごちそうさまでちた。

つつじヶ丘のかわいいパン屋さん

子供のころからの夢だったのです。
美味しいパン屋さんの近所に住むことが。

・・・

夫婦それぞれ東西日本の「ちょっと田舎」育ちなので、近所=徒歩20分までというのはご愛嬌。
家から仙川方向に歩けばAOSAN、つつじヶ丘駅に向かえばブランジェリー・クープ。
それぞれ個性の違う、幸せな香りいっぱいのおいしいパン屋さんがあるなんて、ほんと幸せです。

デニッシュ生地をぱりさくもぐもぐしたくなったら、こちら。

ブランジェリー・クープ
パンプキンデニッシュ
 
(お値段失念・・・160円~180円の間だったかな)

クープパン

しっかり焼成された香ばしいぱりぱりデニッシュに、まったりあま~いかぼちゃクリーム。
食感も味もメリハリがきいていて、なんとも「うふふ」とにんまりしちゃう食べ心地。
珈琲といっしょにおいしいおやつタイムを満喫させていただきました☆

こちらのお店はとっても小さい店内に、食パン系からハード系、おつまみ系のエピやフーガス、
それからカレーパンなど惣菜系、ほっと懐かしいおやつパン、見た目もきれいなデニッシュ・・・
とにかく種類が多くて、ついつい売場をぐるぐるぐるぐるしちゃうのです。
ちいさめのパンもあるので、来客時の気軽なおやつにも良いものあります。
どれをとっても納得の味、小さなオールマイティー!

近所にあって損はない、愛すべきパン屋さん(#^.^#)

お散歩ついでにおやつ買い食いしないように自制しましょ(笑)

ブランジェリー クープ




テーマ : パン
ジャンル : グルメ

二子玉川でラーメンって?

二子玉川は、旦那ちゃんが独身時代に近くに住んでいたこともあり
よく散歩しにいったりした、わりとなじみのある町なのですが、飲食、
こと「ラーメン食べようぜ!」な気分になると、あんまり思い当たるお店がない・・・

でも所用ありて二子玉に赴いた我々、河川敷でビール飲んでたら
やっぱりラーメンで温まりたくなるっちゅーのが性でして・・・。

というわけで、ネット情報からこちらに行ってきました。

「麺屋 みちしるべ」
中華そば680円+味玉100円也。

DSC_0284.jpg


スープが特においしい。
煮干しをしっかり感じる魚介+豚骨系の濃厚なスープ。
わたくしラーメン全く詳しくないのですが、このスープ濃ゅいけどおいしい。
自称ラーメン部部長(どこの?)の旦那ちゃんもスープ絶賛。

麺は、わたしの好みのようにはスープになじまなかったので、
邪道なんだろうけどちょっとスープの中で長風呂してねぇーって気分(笑)
これがラーメン初心者の考えでしょうかね(^^ゞ

ラーメンについてはおいしい(好き)か、ちょっと(好みじゃない)しか
意見のないひよっこなので、こんなところでごちそうさまとします。

とはいえ、ラーメンのイメージのない二子玉川でおいしくてお手頃な
麺をすすれるのは、ありがたいことですな。
しかも、河原でビールを飲みたくなっちゃう人種には、川近くのこちらはありがたいのぅ。
というわけで、春になって多摩川に遊びに行くオプションとしてしっかり覚えときまーす。

(ん?我が家の最寄多摩川はもう少し上流やーん!)


ちなみにこちらも小田急バスの一日乗車券で二子玉川まで行った遠足です。
我が家⇔成城学園前⇔二子玉川=4回乗って通常料金840円→一日乗車券500円。
成城まで散歩すればいいのに・・・ということもありますが、まぁまぁいいではないか。
どうせ成城→二子玉だけで420円かかるんやから、+80円でさらに楽できるわけ。
なんなら帰りに仙川で食材買い出しとかして、さらにそこから楽して
バスで帰ってもいいわけですし(すぐ着くけど)。

なめらかキプフェルさん

最近、小田急バスの1日乗車券をどこまで活用できるか検証中。
(寒くて外歩くのが嫌だからということなのですが・・・)

成城学園前から二子玉川方面や三軒茶屋・渋谷方面は小田急バスも走っているので
しめしめ・・・と、500円の一日乗車券を使って、いろんな街まで遠足三昧。

その一環で、前からずっと行ってみたいなぁと思っていた
上町の「よつは」さんに行ってきました。

ちなみに、よつはさんには小田急バスor東急バス「松が丘交番前」から
ちょろっと歩けばすぐ到着でした。

よつは「キプフェル」
1枚50円也。


DSC_0275.jpg

さくっとした噛みごたえと、「ほろほろ」ではなく「さらさら」のような口どけ。
ほの甘くて・・・これはこれは・・・とてもおいちい。

中欧諸国で食べた、田舎っぽくて全然洗練されない(失礼!?)キプフェルも大好きだけど、
このよつはさんの、上品で繊細で、でも家庭的という絶妙な食べ心地は
本当にメロメロお気に入り。

キプフェルは、愛するクロアチアをはじめとする中欧諸国をよく旅していたころ、
パン屋さん的なところで買ったり、マーケットで買ったり、時には田舎町のおばちゃんたちの
食後のお茶菓子お呼ばれして頻繁に食べていたので、味も元々大好きやったけど
思い出いっぱいのクッキーなんだなぁ。

と、若かりし頃の思い出もいっしょに、おいしく堪能しましたとさ。
ちなみによつはさんで買ったもう一品、バニラサブレ(こちらも1枚50円也)も
歯切れよく軽くておいちかった(#^.^#)

世田谷通りでこのあたりを通ったら、ふらっと買って帰りたい幸せクッキーたちでした。
そうそう、チーズケーキもおすすめのようだったので、今度買ってみよう。

バスで途中下車の旅をすると、ちっちゃくてかわゆいお店に気軽に行けるのでいいね。
小田急バス万歳、これからも一日乗車券の販売継続よろしくおねがいします(笑)

ヨツハ




テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

噂のハッピーターンズ

ちょっと前に、大阪からの刺客が技のデパートばりに
梅田のデパートで話題になっている品々を携えてやってきたので。

わたくしもついにこれを手に入れることができました。
(といっても、5月まで東京駅あたりで買えるってね)

「ハッピーターンズ カマンベールチーズ味」
12個入り 525円也


高級ハッピーターン・・・

DSC_0274.jpg

上質な包材を開けて取り出してみると・・・粉がめっちゃ多い!
そして、チーズ好きに特化したような臭さはなく、
ハッピーターン独特の甘さとチーズのまろやかさ、ちょっと控えめのしょっぱさが
うまくあってるなぁと、感心しちゃう。

亀田製菓には技術とバランス感覚とアンテナの良い人材が揃ってるんだろうねと尊敬の眼差し。。。
これがないメーカーって意外と多くて、あれこれ斬新な新戦略を打ち出しても
結局鳴かず飛ばずだったりするんよね((+_+))

いつものハッピーターンと比較するとちょっと高級すぎちゃうかと思ってしまいますが、
このお手頃感、ちょっとした手土産にもらうとうれしいかもしれない。
ハッピーターンがお土産ぇ!?と思う人もいるかもしれないけど、
食べてみれば味は通常品と違うのもよくわかるし、たぶん万人受けする味なので
相手に気を使わせない手土産にもってこいですね。

味も、今回いただいたカマンベールだけでなく、木苺や抹茶、黒糖などもあって
見た目にもカラフルでかわいいしね。

ちなみにこれを大阪で入手したmyおかんは、「あんたコレ2時間ならんで買ったんやでぇ」と。
大阪人って行列嫌いやったんちゃうかなと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
でもね、梅田のデパート阪神、阪急、大丸それぞれ、地下食には行列するお店が代々あるんです。
(伊勢丹が入っていないのは、わたくし大阪在住時にはまだなかったから知らないだけ)

一時大流行したカレーパンに、クリームたっぷりバックハウスイリエのクリームパン、
神宗の昆布さんにクラブハリエのできたてバウム、定番いか焼きとかね。

「並ぶの嫌=せっかち」な大阪気質と「流行りもん大好き=ミーハー」な大阪心。
並ぶの嫌い、並ぶの好き、どっちも正解というわけですね。
ちなみに大阪の百貨店は「並ばせるの好き」ね。

ゴチソウサマデシタ(^u^)

ハッピーターンズ




プロフィール

mickey tan

Author:mickey tan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ネコ温度計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。