スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つつじヶ丘からメリークリスマス☆

メリークリスマス!

我が家は今年もつつじヶ丘駅前、「ウイスタリア洋菓子店」さんのクリスマスケーキです。
ショートケーキの生クリームの滑らかさ、スポンジの口どけはやっぱりこのお店が一番好き。

20131222.jpg

ちなみに、すでに完食してます。
なんせ仕事とかを考えるとどうしても休日にクリスマスパーティーをしたいので、
我が家は22日にクリスマスパーティーでした。

鶏を一羽焼いて、ケーキを食べて、シャンパーニュで乾杯。生ハムもチーズもごちそうさま。
今年もクリスマスのごちそうが美味しくできて、たんまり食べて、幸せでしたー(^_^)v

というわけで、今夜は世の中的にはクリスマスイブですが、我が家的には普通の平日です。
本末転倒!?のような気もするけど、おいしい食事、おうちで食べるごちそうは
ゆったりした気持ちでいただける日に存分に味わっていただくのが信条です。

でもどこかで、旦那ちゃん残業ついでにサプライズでケーキさんとか
連れて帰ってこないかなぁと、ついつい期待してしまう食いしん坊ヨメでした(笑)
スポンサーサイト

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

インギー鶏との初対面

インギー鶏をご存じですか?

わたくし、実は先日初めて知りました。

インギー鶏のから揚げ
     つつじヶ丘「飲人」さんにて。
IMG_0739.jpg

インギー鶏は種子島の地鶏なので、日本でも最古クラスの銘柄地鶏だそうです。

その名前の由来は、明治時代にイギリスの船舶が種子島近くで座礁した際に
種子島の住民が救助、支援をしたことに対するお礼としてもらった鶏ということで、
インギー(イギリス)鶏という名がついたそうです。

なんだかその由来だけでもありがたく美味しくいただけそうですが、
実際のお味も、地鶏特有の味の濃さと、適度な弾え力と硬さのバランスが美味(#^.^#)

そういえば、ブロイラー(そして特に出来合いのから揚げなどの鶏加工品)を食べなれていると
地鶏がとってもかたく感じて「!?」となる人もいるのではないかと思います。

巷では「鶏肉メニュー=ジューシー」をどれだけ付加するかでおいしさを表現する傾向が強く、
鶏肉の加工品(お惣菜のから揚げや冷凍のから揚げ等…)はちょっと度を超してるかな・・・?と
個人的には思ってしまいます。(といっても、便利さとお酒の進む味にお世話になってます!感謝!!)

子供には、鶏肉本来の食感や味を知ってもらうために、ちょっと贅沢でも地鶏を食べさせてあげて
見識を広めてほしいなぁと思った居酒屋での一コマでした(^_^;)


ちなみに「飲人」さんではインギー鶏以外にも種子島の黒豚に飛び魚など、
種子島名物の食材・お料理がいただけて楽しいです(^_^)v

深大寺さんぽ=深大寺ビール

IMG_0760.jpg

つつじヶ丘の我が家から深大寺までは、のんびり歩きで約1時間。
犬連れだと駅からバスに乗ることもできないのでちょっと遠いのですが、
1時間かけてでもやっぱり時々おさんぽしたくなる風情がありますよね。

ぎりぎり紅葉シーズンのとある休日、そんなわけで時間をかけておさんぽしてきましたー!
紅葉もお寺も門前町も風情とにぎわいがまるで旅行気分(#^.^#)

え?1時間歩くなら車で行けばって?

いいえ、車で遊びに行かないのももちろん理由があります故。

深大寺周辺のお蕎麦屋さんでホッピービバレッジさんの「深大寺ビール」がいただけるから!
(ちなみに外席は犬連れOKのお店がほとんど!)
なので、気候がいい時期には犬とビールを片手に和の風情を満喫できるスポットなのです(^_^)v

この日もビールを楽しみに、柴崎公園の紅葉も愛でながら深大寺へ向かい、
青木屋さんの外席で、ビールと紅葉、日向ぼっこを満喫。
深大寺ビールは、苦みとコク、のど越しすっきりな感じが秋の昼飲みにぴったりの味わいです☆

そうそう、毎回深大寺に行くとおやつ代わりに深大寺ビールをいただいているのですが、
実はお蕎麦はいただいたことがありません。

深大寺と言えばお蕎麦が有名ですからね!
いつかぜひおいしいお蕎麦をいただきたいなぁ!


ちなみに・・・

わたくし、蕎麦アレルギーですねん。ぎゃふん。

大阪に住んでいた20数年間は蕎麦がダメでも困ったことはほとんどないのですが、
東京に来るとやっぱりそば主流の世の中・・・さすがに不便だし
人生の1割くらい損しているのではないかと思ってしまう今日この頃です(^_^;)

なんとか克服して飲んだ〆にそばを食べてみたいなぁ~と思いつつ、、、

でもアレルギーチャレンジは周りの人に迷惑をかけることになるので
みなさま(そしてわたしが一番)何卒ご慎重にどうぞ!

若葉町さんぽ 甘い香りに誘われて~

若葉町の森のテラス近くでついにお菓子の販売を始められたJ'arriveさん。

ここ最近、若葉町のあたりの国分寺崖線をお散歩していると、
甘くてハッピーな香りに癒されるのです。

そして11月のとある日、大好きなタルトタタンをゲット!
見よ!このシックで美しいりんごの姿を!

20131115j'arriveさん

キャラメリゼのほろ苦さと甘み、りんごの爽やかさが秀逸、
夜、あたたかい紅茶といただきたい大人の味に感激、しあわせ(^u^)

今年はタタンはもう終了したそうなので、ぜひ来年の秋にまたいただきたいと
今から楽しみにしておるわけです(#^.^#)

冬はショコラ系、いちご系ケーキも姿を見せるそうなので、とても楽しみ!

お店はまるでパリのサンマルタンのほうにいるかのような(あ、でも運河はないけど)、
ナチュラルかつ落ち着いた感じが、行くだけでテンションあがって「近所の非日常」という感じです。
とっても素敵なお店がまた増えて、やっぱ調布っていいなぁと思う今日この頃ですな(^_^)

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

12月、富士山眺望の季節です。


とある日の夕方、遠くに見える富士山。
調布市若葉町の坂道より、犬を片手に押さえながら。(なのでぶれています)

20131203.jpg

12月初旬に試験があったため、11月下旬はその準備であっという間に終わってしまったのです。
(どうしても直前に詰め込むタイプでして・・・(^_^;))

気が付けば、もう「外飲み」や「庭飲み」のできない冬が来ちゃってる!
サム―――!!

こんな時期、寒がり夫婦は犬の散歩に出るのが億劫になるのですが、
わたくし妻(大阪出身、大の寒がり)は、実はちょっとだけ、寒くてもウキウキするのです。

そう、富士山。

東京ってすごいですよね、街から富士山が見えるのだもの。

大阪は、東京と張り合うとグルメもファッションも文化も自然も人情も絶対負けないと
思って止まないわけなのですが(…え、わたしだけ?)、「富士山を拝める」ということについては
悔しいが負けを認めざるを得ないわけです。

最近は特によく晴れた日が続いているので、朝夕とてもきれいな富士山に挨拶ができるのですよ。
なんと素晴らしいことなのでしょう!あんなに美しい山を愛でることができるなんて!

苦手な寒さも楽しめる調布の風景に感謝しながら、、、
寒い12月も元気におさんぽしていきまーす(#^.^#)

プロフィール

mickey tan

Author:mickey tan
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ネコ温度計
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。